3月 292011
 
シェアする

気づいたら大量に/var/log/messagesに以下のようなログが出力されていた。
二言で言うと「邪魔」。

# grep 'SelfCheck: Database status OK' /var/log/messages | wc -l
367
#
# grep 'SelfCheck: Database status OK' /var/log/messages | head
Mar 27 01:22:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 01:32:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 01:42:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 01:52:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 02:02:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 02:12:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 02:22:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 02:32:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 02:42:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
Mar 27 02:52:46 trippyboy clamd[9692]: SelfCheck: Database status OK.
#

見事に10分間隔で大量放出。
/var/log/messagesはもっと大事なログが出力されるべきなので、このログを出力しないように
設定を変更した。

/etc/clamd.conf には自身ウイルスデータベースの更新を確認する機能があり
それが600秒ごとに行なわれるのがディフォルトの設定。

# Perform a database check.
# Default: 600 (10 min)
#SelfCheck 600

これを変更することはお勧めできないので、とにかく/var/log/messagesに出力される
のが邪魔なので出力しないように、以下の部分を変更

# Use system logger (can work together with LogFile).
# Default: no
LogSyslog yes
↓↓
# Use system logger (can work together with LogFile).
# Default: no
#LogSyslog yes #ここをコメントアウト

後はclamdを再起動すればいいだけ。

# service clamd restart

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ