4月 182011
 
シェアする

freshclamが走るごとに以下のようなログが/var/log/messagesに出力されていた。
邪魔なので設定ファイルを編集して、次回から/var/log/messagesに出力しないようにする。

Apr 18 10:55:38 vps2 freshclam[3170]: ClamAV update process started at Mon Apr 18 10:55:38 2011
Apr 18 10:55:39 vps2 freshclam[3170]: main.cvd is up to date (version: 53, sigs: 846214, f-level: 53, builder: sven)
Apr 18 10:55:39 vps2 freshclam[3170]: Downloading daily-12991.cdiff [100%]
Apr 18 10:55:40 vps2 freshclam[3170]: daily.cld updated (version: 12991, sigs: 98874, f-level: 60, builder: ccordes)
Apr 18 10:55:40 vps2 freshclam[3170]: bytecode.cld is up to date (version: 143, sigs: 40, f-level: 60, builder: edwin)
Apr 18 10:55:43 vps2 freshclam[3170]: Database updated (945128 signatures) from db.local.clamav.net (IP: 203.178.137.175)
Apr 18 10:55:43 vps2 freshclam[3170]: Clamd successfully notified about the update.

設定ファイルは

/etc/freshclam.conf

以下のコマンド「sed」を用いて、編集と同時にバックアップファイル(/etc/freshclam.conf.YYYYmmdd)も作成する。

# sed -i.`date +%Y%m%d` 's/^LogSyslog yes/#LogSyslog yes/g' /etc/freshclam.conf

上記コマンド一発で変更できているはずなので、diffで見てみましょう。

# diff /etc/freshclam.conf /etc/freshclam.conf.`date +%Y%m%d`

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ