9月 222011
 
シェアする

 


Cookie(クッキー)を設定する方法

「name」という名前のCookieに、値が「value」というものを設定します。
このCookieは設定されてから「60 × 60」秒後に有効期限が切れ削除されます。

[PHP]setcookie(‘name’,’value’,’time()+60*60′);[/PHP]

 

ブラウザに保存されたCoookieを取得する方法

[PHP]$name = $_COOKIE[‘name’];[/PHP]

 

ブラウザに保存されたCookieを削除する方法

現在より1秒でも過去の時間を有効期限として指定されたCookieはブラウザより削除されます。

[PHP]setcookie(‘username’,”,’time() – 3600′);[/PHP]

 

一度認証を追加したユーザ(のブラウザ)にCookieを配布し、そのCookieをWebアクセス時に確認する事で、
認証が必要なページに毎回認証させることなくアクセスさせることができます。

同じ事をBasic認証でも出来るんではないですか?

はい、仰るとおりです。しかしBasic認証にはログアウト機能がありません
あえてログアウトというのであれば、ブラウザの再起動を行なうことにより再度認証が必要となります。
Cookieを用いれば、ログアウトをさせることが出来るという違いが有ります。

しかしCookieにも弱点があります。Cookieはブラウザに保存するものです。
したがって、ブラウザ側の設定で「Cookieを保存しない」という設定を行うことが出来ます。
Cookieの保存を許可していないブラウザからアクセスされると、 何度ログインを試してもブラウザにCookieが
保存できない為に、「認証済み」となることが出来ません。つまりはログインが出来ないのです。

その場合、セッションというものを使うようです。

セッションのお勉強はまた今度とします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

  One Response

  1. […] >>PHP: Cookie(クッキー)の設定・取得・削除 Author: […]

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ