12月 142011
 
シェアする

Project Honey Pot とは、スパムメール送信やスパムコメント投稿などの迷惑行為を行なったIPアドレスの情報を蓄え、その情報を使っているプロジェクト。「Honey Pot」というのは、電気と機械の世界では「罠」として利用される。この罠に引っかかった迷惑行為を行なっているIPアドレスの情報をまとめて公開している。

今回はProject Honey Pot が提供している「http:BL」を用いる際に必要となるAccess Keyの取得方法を紹介する。DNSブラックリスト機能がhttpに特化された形で提供されているもので、接続元のIPアドレスをProject Honey Potのデーターベースと照らし合わせることで接続を制限することが出来る。この機能は、WordPressのプラグインやApacheのモジュールとして利用環境に埋め込むことが出来るが、この点に関しては別途記事を投稿出来ればと思う。

[Project Honey Pot] Access Keyの取得方法

1.Project Honey Potにユーザー登録します。

http://www.projecthoneypot.org/create_account.php にアクセスし必要な情報を入力し「APPLY」を押します。

2.以下の画面が表示され、登録が完了したことを確認してください。

登録が完了されました。
登録を確認するためにメールが配信されましたので、確認をします。

3.@projecthoneypot.org から届いているメールを確認しリンクをクリックします。

4.「Your account has been verified…」のメッセージを確認し、登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

認証を終えるとすぐにAccess Keyの取得画面になります。

5.表示されているコードを入力し「Request」を押します。

6.以上で取得が完了しました。

取得後にAccess Keyを確認されたい場合は、Services⇒HTTP Blacklist へアクセスしてください。

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ