11月 282013
 
シェアする

TortoiseSVN(とーたす えすぶいえぬ)を用いてコミットを行ったことがあるレポジトリに、CentOS上からコミットしようとしたら以下のエラーではじかれたの続き。

# svn commit
svn: E155021: This client is too old to work with the working copy at
'/hoge/hogehoge/hogehogefoo/foo/' (format 31).
You need to get a newer Subversion client. For more details, see

http://subversion.apache.org/faq.html#working-copy-format-change

これは、以下のサイトを参考にしてsvnコマンドのバージョンを「version 1.8.5」にアップデートすることで回避できました。

Subversion1.8をRPMでインストールする

インストールが終わったので、早速メッセージ無しでコミットしてみてエラーが表示されるかを確認してみる。

# svn commit -m ""
送信しています TortoiseSVNを入れた人コメントください.txt
ファイルのデータを送信しています .svn: E165001: コミットに失敗しました (詳しい理由は以下のとおりです):
svn: E165001: Commit blocked by pre-commit hook (exit code 1) with output:
------------------------------------------------------------------
警告
------------------------------------------------------------------
メッセージが入力されていない場合はコミットできません。
コミット時のメッセージを入力した上でコミットをお願いします。
------------------------------------------------------------------
#

コマンドからのコミットでも正しく設定したエラーが表示される事を確認出来ました。

おしまい(*´∀`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ