6月 272013
 
シェアする

CPANをインストールして

# perl -MCPAN -e shell

して、それから

cpan[2]> install CPAN

してたら、

Running make test
  Can't test without successful make
Running make install
  Make had returned bad status, install seems impossible

ていう終了の仕方をした。

「makeが実行できないから、make testもできないズラ
makeがbad statusを返してきたから、インストールは不可能にみえるぜ?(´-ω-`)」

加えて、install実行結果をよく見てみると以下の一文があった。

Can't exec "make": そのようなファイルやディレクトリはありません (日本語の場合)
Can't exec "make": No such file or directory (英語の場合)

上記利用を見る限り、理由はmakeコマンドがないかららしいな。

確かにインストールしてからmakeしたことのなかったかも。

面倒くさいので、

yum groupinstall "Development tools"

した。これで、makeをはじめとするコンパイルを行うときにコマンド不足に陥ることはないと思ふ。

上記でインストールされるものは

yum groupinfo "Development tools"

で確認ができる。

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
 Tagged with:

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ