1月 202013
 
シェアする

新しい年になりましたので、ブログのコピーライトを変更しました。

無料のWordPressのテーマ「Suffusion Theme」のフッターに表示されるコピーライト表記内容の変更方法を紹介します。

Suffusionのフッター変更方法は2通り

  • Suffusion Options から変更する
  • site-footer.php を編集する

1.SuffusionOptionsから変更を行う場合

  1. WordPressのダッシュボードにアクセス
  2. 左メニュー一覧より 外観Suffuino Options をクリック
  3. Other Graphical Elements をクリック
  4. Footer をクリック
  5. Text in left part of footer に表示したい内容を記入
  6. Save

2.site-footer.phpを編集する

  1. WordPressのダッシュボードにアクセス
  2. 左メニューより 外観 をクリック
  3. テーマ編集 をクリック
  4. 右に並ぶテンプレート一覧から site-footer.php をクリック
  5. 編集画面になるので <div id=”cred”>~</div> を編集

TrippyBoyの愉快な日々では、SuffusionOptionsを利用して以下内容をフッターとして設定しました。

<abbr title="Copyright">&copy;</abbr> 2010-2013 <a href='http://blog.trippyboy.com'>TrippyBoyの愉快な日々</a>

SuffusionOptions を用いて、フッターにPHPコードは設定できない

SuffusionOptionsで設定した内容は site-footer.php にて参照表示されます。
site-footer.phpでは、設定したフッターの文字列に対して「stripslashes()」、「wp_specialchars_decode()」そして「do_shortcode()」というファンクションを通してから内容を表示しています。

site-footer.php記載内容一部

<td><?php $strip = stripslashes($suf_footer_left); $strip = wp_specialchars_decode($strip, ENT_QUOTES); echo do_shortcode($strip); ?></td>

参考:

stripslashes – クォートされた文字列のクォート部分を取り除く
wp_specialchars_decode (WordPress Function) – WPSeek.com
関数リファレンス/do shortcode

コピーライト期間を自動で設定できないか

以下は一例ですが、date()ファンクションを用いて自動で今年の年数を取得し、最後の一行でHTMLコードとともに出力しています。

<?php
    start = "2010"
    this_yr = date("Y");
    if ($start == $this_yr){
        $copyright_yr = $this_yr;
    } else {
        $copyright_yr = $start . '-'. $this_yr;
    }
?>
<abbr title="Copyright">&copy;</abbr> <?php echo $copyright_yr; ?> <a href='http://blog.trippyboy.com'>TrippyBoyの愉快な日々</a>

 参考:

フッターの著作権 (Copyright) 表記

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ