4月 152014
 
シェアする

証明書ファイルを正しく作成してサーバで公開したところで、正しいMIMEタイプを設定してやらないと、クライアント側で正しく利用できない場合がある。今回参考にさせてもらったサイトが信憑性あったのでここで共有させていただきます。


application/pkcs8                   .p8  .key
application/pkcs10                  .p10 .csr
application/pkix-cert               .cer
application/pkix-crl                .crl
application/pkcs7-mime              .p7c

application/x-x509-ca-cert          .crt .der
application/x-x509-user-cert        .crt
application/x-pkcs7-crl             .crl

application/x-pem-file              .pem
application/x-pkcs12                .p12 .pfx

application/x-pkcs7-certificates    .p7b .spc
application/x-pkcs7-certreqresp     .p7r

参考にしたサイト:https://pki-tutorial.readthedocs.org/en/latest/mime.html

Webで公開するファイルには、本当に必要とされていない限り、「鍵ファイル」を含めないように気をつけてください。

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ