5月 152012
 
シェアする

VMWareプレーヤーを起動し、CentOS用のVM(VirtualMachine)を作成し、LiveCDからCentOSをインストールを行った後、yumで必要なものを持ってくるのが私のやり方。

今回VMWareプレーヤーをインストールした環境では、Webプロキシがかまされているため、その通信にHTTPアクセスを利用する「yum」の実行ができなかった。外部へのすんなりした接続は出来なくてもいいから、とにかくyumを実行したい

調べた結果以下の方法でyumコマンドを実行することが出来る。

$ http_proxy="http://環境で利用しているプロキシサーバ:ポート番号"
$ yum

yumコマンド以外でも、wgetやlynxを使いたい場合にも、プロキシをかましている環境では上記手法が有効です。

なお、設定をいつでも利用する場合には、/etc/profile に以下の記述を記載しましょう。

export http_proxy="http://環境で利用しているプロキシサーバ:ポート番号"
このエントリーをはてなブックマークに追加
 Tagged with:

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ