2月 262013
 
シェアする

LInuxではfor文とかwhile文とかガツガツ使ってて、ファイルに記載されている内容をfor文に入れるなんて朝飯前だった。って知ってるからだけどw

さて、Linuxの場合のfor文において、テキストファイル記載の内容を利用したい場合以下のようになる

# for n in `cat hogehoge.txt` ; do echo $n ; done

 

Windowsのコマンドプロンプトで行う場合

> for /F %n in (hogehoge.txt) do @echo %n

ポイントとなるのは、「/F」のオプション

forコマンドのオプションのうち「/F」を用いると () の中で指定したファイルを読んでくれる。

複数のファイルを参照するときには「 」(空白スペース)、「,」で区切って複数ファイルを記載する。

>for /F %n in (hogehoge.txt,hogehoge2.txt) do @echo %n

 

ちなみに、上記Linuxの場合は「echo」だけどWindowsの場合は「@echo」になってるよね?その違いは?ぜひやってみて確認してくださいヽ(・∀・)ノ!The人任せ!

以上

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ