3月 012011
 
シェアする

現在Suffusionを日本語化中。 手元のPCがLinuxなのですが、Windowsでも利用できる「Poedit」なるものを発見。
Fedora14の場合、パッケージ管理から検索インストール出来ました!

poファイルとは

多言語に対応出来るように特定の文字とそれに対応する文字を設定する事によって、その文字の部分だけど好きな文字に入れ替えることができる、これを実現するファイル。

Suffusionの場合は、suffusion/translationというディレクトリにsuf_theme.poがある。
これを元に「Poedit」で編集し、ja.po を作成。同時に勝手にja.moも出来る。

suffusion-child というディレクトリを wp-content/theme/配下 に作成。
style.cssこちらを参考に設定。
wp-content/theme/suffusion-child/translation ディレクトリを作成。
上記ディレクトリに ja.poja.mo ファイルを設置。
ダッシュボードから、テーマを「suffusion-child」に変更するだけ。

現在この ja.po と ja.mo ファイルを作成中。

乞うご期待!

参考:http://www.aquoid.com/news/themes/suffusion/translating-suffusion/#create

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ