5月 282012
 
シェアする

CentOS 6.2 のLiveCDからインストールしたCentOSにて、
chkconfigで確認できるサービスの中に以下が確認できた。

 

livesys    0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
livesys-late 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off

これらのサービスは、LiveCDからインストールするために用意されているサービスで、
LiveCDからディスクへのインストールが完了した後は必要のないサービス

不要なサービスに対しては以下の動作を行う。

# chkconfig --list livesys
# chkconfig --list livesys-late
# chkconfig livesys off
# chkconfig livesys-late off

今後利用することがなさそうなサービスなので、chkconfigで「–del」するのもよし。

# chkconfig --del livesys
# chkconfig --del livesys-late

なお、live および livesys-late を導入したパッケージを探したが見つからなかった。

# rpm -qf /etc/init.d/livesys
file /etc/init.d/livesys is not owned by any package
#
# rpm -qf /etc/init.d/livesys-late
file /etc/init.d/livesys-late is not owned by any package
#
# rpm -qa | grep -i "live"
#

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ