7月 032012
 
シェアする

CentOS6.2にてIPv6機能を無効にする方法

IPv6が有効になっていると、利用サービス(httpdなど)の設定によっては
IPv4でのListenをしなくなってしまう。まぁ、設定を直せばいいのですが

ここではCentOS6.2でのIPv6の無効化方法を説明します。

設定の流れは以下の通り。

  1. /etc/sysctl.confのバックアップを作成
  2. /etc/sysctl.confへの設定の追記
  3. /etc/sysctl.confの再読み込み

以下設定変更方法

1./etc/sysctl.confのバックアップを作成します。

# cp -p /etc/sysctl.conf /etc/sysctl.conf.BAK20120703
# ls /etc/sysctl.conf*

2./etc/sysctl.confへの設定の追記

# echo "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf
# echo "net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1" >> /etc/sysctl.conf

3./etc/sysctl.confの再読み込み

# sysctl -p

IPv6が無効化できました。

netstat -an を実行し、IPv6が無効になっているか確認してください。

以上

参考:
[http://wiki.centos.org]
How do I disable IPv6?
http://wiki.centos.org/FAQ/CentOS6#head-d47139912868bcb9d754441ecb6a8a10d41781df

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加
 Tagged with:

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ