7月 162012
 
シェアする

CentOS6.3にてlibresolv-2.12.soにバグがある詳細は下の方

ちなみに、現在利用しているCentOSのバージョン情報は以下の方法で確認が出来ます。yum updateで気付いたら勝手にCentOS6.3になっていた(@_@;)!なんてこともあるので要確認ですね。

CentOSのバージョン確認方法

[root@localhost ~]# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.3 (Final)
[root@localhost ~]#
[root@localhost ~]# rpm -qf /etc/redhat-release
centos-release-6-3.el6.centos.9.x86_64
[root@localhost ~]#
[root@localhost ~]# ls -lc /etc/redhat-release
lrwxrwxrwx. 1 root root 14 7月 11 04:33 2012 /etc/redhat-release -> centos-release
[root@localhost ~]#
[root@localhost ~]# ls -lc /etc/centos-release
-rw-r--r--. 1 root root 27 7月 11 04:33 2012 /etc/centos-release
[root@localhost ~]#

libresolv-2.12.soがsegfaultを出す件

IPv6を利用できるようにしているCentOS6.3環境において、/etc/resolve.confにIPv6を用いたnameserverの指定がある場合、「error 6 in libresolv-2.12.so」のエラーが発生し、sendmailやpostfixなどのサービスが起動できなくなってしまう問題があるそうな。

参考:CentOS Bug Tracker
0005811: segfault in libresolv-2.12.so whe upgrading to Centos6.3

なので、error 6 in libresolv-2.12.soのエラーに出会った場合は、以下の条件をクリアする/etc/resolv.confを作ること

  1. IPv4を用いてnameserverの指定がされている
  2. IPv6を用いたnameserverの記述をコメントアウト or IPv6のIPを[ ]で囲う

一時的な対策らしい(←

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ