2月 262015
 
シェアする

-bash: warning: setlocale: LC_ALL: cannot change locale (ja_JP.UTF-8)

こんなエラーがでてあせった。
というのも、ローカルのPCのテキストエディタで編集したものをTeraterm経由でSSH接続してviでこぴぺしたら、激しく文字化けしたので気づいた。

何かがおかしい と。

localeコマンドを実行してみたら以下のとおりエラーが3行表示された。

どうやらロケールを設定するファイルがなくなっているらしい。

[root@vps2 mail]# locale
locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_MESSAGES to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_ALL to default locale: No such file or directory
LANG=ja_JP.UTF-8
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"
LC_NAME="ja_JP.UTF-8"
LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL=

さらに、su – したときもこんな感じでエラーがでる。

-bash: warning: setlocale: LC_ALL: cannot change locale (ja_JP.UTF-8)

何でだろう。。 yum updateしたらこんなになった気がする。
個人的にlocaleファイルの軽量化をしているせいかなぁ。

そんな時は vzdummy-glibc の再インストールをすることで直る。
どうやら「/usr/lib/locale/locale-archive-rpm」というファイルへのリンクがおかしくなったとか、ファイルそのものがおかしくなった(というかしてしまった)場合におきるみたい。

[root@vps2 ~]# yum info vzdummy-glibc
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * epel: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * extras: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
 * updates: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
インストール済みパッケージ
名前 : vzdummy-glibc
アーキテクチャ : noarch
バージョン : 2.12
リリース : 1.7.el6
容量 : 95 M
リポジトリー : installed
提供元リポジトリー : vz-base
要約 : Package contain locale-archive that regenerated by glibc in post-install
ライセンス : GPL
説明 : Package contain locale-archive that regenerated by glibc in post-install
[root@vps2 ~]#
こいつをインストールすればOK!
[root@vps2 ~]# yum -y reinstall vzdummy-glibc

以上

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ