10月 302011
 
シェアする

EntryプランのCPUだと、MRTG経由でsnmpdを用いてディスク使用量をチェックする際にタイムアウトした。ほぼ毎回、MRTGがsnmpdに問いわせる時の初期タイムアウト値が2秒のため、処理が遅いサーバーではタイムアウトが頻発する。その場合は以下URLを参考にし、MRTGがsnmpdに問い合わせを行う際のタイムアウト値を伸ばしてみよう。

MRTG snmpd “No Response”のエラーを回避してみたの巻

DTIはサーバーのメモリは仕様として公開しているがCPUに関しては公開していない。
なぜかは知りません。

以下、ServersMan@VPS Entryのcpuinfo

# cat /proc/cpuinfo
processor       : 0
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 26
model name      : Intel(R) Xeon(R) CPU           L5520  @ 2.27GHz
stepping        : 5
cpu MHz         : 903.101
cache size      : 8192 KB
physical id     : 1
siblings        : 8
core id         : 0
cpu cores       : 4
apicid          : 16
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 11
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm syscall nx rdtscp lm constant_tsc ida nonstop_tsc pni monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr sse4_1 sse4_2 popcnt lahf_lm
bogomips        : 4522.13
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 40 bits physical, 48 bits virtual
power management: [8]
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ