11月 102011
 
シェアする

ServersMan@VPSのサーバーでは、ディフォルトで

klogd

起動していない

簡単に言うとそういうことだ(笑)

klogd じゃなくて syslogd ってのは起動してるよね?
ほら、maillogとかmessagesとか見れるでしょ?

klogdはkernelのログを記録するもので、別にiptablesのログを取るとかしない限り仮想環境であるServersMan@VPS上では特に必要のないプログラムです。syslogdと同じく起動や停止に関わる設定ファイルは /etc/init.d/syslog です。このファイルを編集し、klogdが起動するようにしてあげます。

# sed -i.BAK`date +%Y%m%d`~ 's/passed klogd skipped #//g' /etc/init.d/syslog

はい、これだけw って嘘です。syslogの再起動をしておきましょう。

[root@vps1 ~]# service syslog restart
Shutting down kernel logger:                               [  OK  ]
Shutting down system logger:                               [  OK  ]
Starting system logger:                                    [  OK  ]
Starting kernel logger:                                    [  OK  ]
[root@vps1 ~]#

以上で完了です。

詳細は以下リンクをご覧ください。

klogdちゃん、こんにちは。iptablesのログ出力ができない!の巻

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 Tagged with:

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ