6月 012011
 
シェアする

 

毎月ドキドキして待つServersMan@VPSのアップデートが行われました。

内容は、CPU処理性能最適化ServersMan@Diskをマウント出来るようになりました!

—–
ワンコイン(490円)から使える仮想専用サーバー「ServersMan@VPS」5月度定例アップデート
ServersMan@Diskマウント機能(β版)を搭載、
また、同時にCPU効率の向上も
~クラウドの大容量ディスクをクラウド上で直接“触れる”環境の構築~
http://www.dti.co.jp/release/110531.html
—–

今までは、同じVPS上に必要な設定ファイルなどをバックアップしていましたが、これからは月額210円の10GBのServersMan@DiskをVPS上にマウントしてServersMan@Diskの10GBを用いてバックアップしたいと思う。追加の10GBからは105円になる。

ここでは、ServersMan@VPSのマニュアルを参考に、2010年に契約したServersMan@VPS(Standard)上にServersMan@Diskのマウントまでを説明する。

 

ServersMan@Diskをマウントするまでの設定

1. 必要なデバイス「/dev/fuse」が存在しているか確認

# ls /dev/fuse

もし、存在していない場合は、以下のコマンドで作成しサーバの再起動を行おう。マニュアルには再起動が必要とは書いていないが、再起動しないとこの後ServersMan@Diskをマウントしようとすると「fuse: mount failed: No such device」のエラーにぶつかることがあるので、その時は再起動しましょう。

# mknod /dev/fuse c 10 229
# ls -la /dev/fuse
crw-rw-rw- 1 root root 10, 229 Jun  1 22:00 /dev/fuse
# shutdown -r now

2. デバイスの作成が出来たら、マウントに必要なパッケージ(DTIオリジナル?)をダウンロードして展開、インストールする。

個人的にファイルのダウンロードなどを行ってゴミが発生する可能性がある場合は/tmpで作業を行う。

# cd /tmp
# wget http://vpsrepo.ub-freebit.net/smdisk/smdisk-0.9-003.i386.centos.tar.gz ←ファイルのダウンロード
# tar xvf smdisk-0.9-003.i386.centos.tar.gz  ←展開
# cd smdisk-0.9-003.i386.centos ←ディレクトリ移動
# for n in `ls` ; do rpm -ivh $n ; done ←存在するファイルを対象にrpm -ivh実行
#  rpm -qa |egrep 'smdisk|fuse' ←インストールしたパッケージを確認
smdisk-0.9-003
fuse-2.7.4-8_12.el5 
# rm -rf /tmp/smdisk* ←インストールに使ったファイルを削除

3. マウントするための設定ファイル/etc/fstabを編集し、マウント可能にする。

ここでは、/backup/ディレクトリにマウントしたいので、/backup/を指定しています。

# cp -p /etc/fstab /etc/fstab.BAK`date +%Y%m%d` ←バックアップ作成
# ls -la /etc/fstab* ←作成したバックアップ確認
# cat /etc/fstab ←編集前に確認
# echoコマンドを用いてファイルに追記
# echo '/usr/sbin/smdisk#https://webdav.disk.serversman.net/cldstg/webdav/ /backup fuse allow_other,umask=0000,username=MAIL,password=PASS,ope_src=HOST 0 0' >> /etc/fstab
# MAILとPASSをServersMan@Diskログイン情報に、HOSTをサーバのホスト名に変更する。
# sed -i -e 's/MAIL/hoge@hoge.com/g' -e 's/PASS/hoge/g' -e 's/HOST/サーバのホスト名/g' /etc/fstab
# cat /etc/fstab ←編集後に確認

4. マウント先のディレクトリを作成し、マウントします。

エラーが出ますが気にしなくて大丈夫です。

# mkdir /backup
# mount /backup

(process:36602): GLib-CRITICAL **: g_hash_table_insert: assertion `hash_table != NULL' failed
#

5. マウントされ認識されているかどうか、mount,dfコマンドで確認します。

# mount
/dev/simfs on / type reiserfs (rw,usrquota,grpquota)
proc on /proc type proc (rw)
sysfs on /sys type sysfs (rw)
none on /dev type tmpfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw)
none on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw)
/dev/fuse on /backup type fuse (rw,nosuid,nodev,allow_other)
#
# df -lh
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/simfs             33G  4.7G   29G  14% /
none                  768M  4.0K  768M   1% /dev
/dev/fuse              10G   42M   10G   1% /backup
#

あとは自由に。ディスクへの読み込み書き込みの速度が遅すぎるが、時期アップデートに期待する。/etc/fstabは起動時に読み込まれるので、サーバを再起動しても問題はない。しかし現状ではネットワーク経由で無理やりディスクをマウントしている様なものなので、VPSサーバ上でのデータ操作よりかはレスポンスの低下が感じるが、まぁしかたがない。

本来ならばバックアップデバイスとして使いたかったが、「無理やり」マウントしているのでUIDがGIDが一致しない(cp -pの利用やrsync、tarでファイル移動などが成功しない)し、パーミッションが777。まぁいっか。UIDやGIDは目で直せばいいし。

 

以上。不明点などあればコメントorコンタクトme.

ワンコイン(490円)から使える仮想専用サーバー「ServersMan@VPS」5月度定例アップデート
ServersMan@Diskマウント機能(β版)を搭載、
また、同時にCPU効率の向上も
~クラウドの大容量ディスクをクラウド上で直接“触れる”環境の構築~

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ