5月 122011
 
シェアする

ServersMan@VPSのVPSサーバでは、sshdが常駐しssh接続を構えている。
これを「xinetd」経由で起動するようにしてあげる。

初期状態では「sshd」が起動するようになっています。以下確認

# chkconfig --list sshd
sshd            0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

xinetd経由で起動するようにファイル作成します。

# vi /etc/xinetd.d/ssh
service ssh
{
 disable = no
 socket_type  = stream
 protocol  = tcp
 instances  = 10
 wait  = no
 user  = root
 server  = /usr/sbin/sshd
 server_args  = -i
 cps = 2 10
}
#

「sshd」サービスの自動起動を停止します。

# chkconfig sshd off

「xinetd」を再起動します

# service xinetd restart
Stopping xinetd:                                           [  OK  ]
Starting xinetd:                                           [  OK  ]
#

「netstat」コマンドで確認してください

# netstat -antp | grep xinet
tcp        0      0 0.0.0.0:22                  0.0.0.0:*                   LISTEN      27971/xinetd

xinetdの再起動が完了してから、サーバにSSH接続を行い問題がないかを確認してください。

 

なにがいいいかって?
ssh接続を受け付ける為だけのデーモンを起動しておかなくてすむ。

もし、ssh接続に利用するポート番号を変更したい場合は、/etc/servicesの中から
sshに関する記述を探しポート番号を変更しxinetdの再起動を行なってください。

不足・不明点あれば、コメントorコンタクトme

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ