4月 132014
 
シェアする

Llama – Location Profiles の設定

Llamaの設定は最小限の説明とさせてもらいます。ただ、場所の学習が出来たりするもので、場所によって特定のアプリを実行したりと優れものです。今回は、WiFi利用中で1週間に一回特定の時間に実行するように設定します。

1. 「イベント」タブにて画面したの小さな「+」を押します

l01

2. イベント名は適当に設定し、大切な条件追加は画面したの「条件追加」をタップします。

l02

3. WiFiに接続しているとき~と言うのを設定します。

データー転送量によっては、モバイルネットワークで実施しても問題ありませんが、今回動画などのファイルを含む可能性もあるのでWiFi環境下という条件を追加します。

l03

l04

4. 次は起動時間を指定します。

l05

l06

5. 写真が増えそうな週末が過ぎたら同期するように、月曜日を指定しました。

l07

l08

6. アップデート時には充電がないと困りますので、残電池残量が20%以上を指定します。

l09

7. 大切な動作の追加を行います!

l11l12l13l14l15l16

8. 以下のようにイベント一覧で確認できるようになったらOKです!

l17

これで、SSHサーバへrsyncを用いた自動バックアップ方法を終えます!

以上!


このエントリーをはてなブックマークに追加

  2 コメント

  1. おはようございます。
    rsyncはサーバー移転につかえますけど、容量の問題でトラブルがとかどこかで読んだので使えませんでした。
    海外ストレージサーバーは・・・。
    http://www.superweibu.com/archives/4299.html

  2. くりくりさん
    おはようございます。
    私みたいにオンラインストレージ化する人がいるからですかね(^o^;) FTPでもいいんですけど、すべてのファイルを上書き転送するのでデーター通信料が増えるのがネックです。fsyncと言うAndroidアプリはFTPで自動的に定期的に同期(?)してくれます(^^)

コメント大歓迎!質問も受け付けておりますヽ(*´∀`)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。